雇用時の注意点

男女

資格があるかチェックして

日本に来る外国人の数は年々増加傾向にあります。観光客だけでなく、留学生も増加傾向にあり、留学生の場合は労働力としても期待されています。留学生などの外国人はアルバイトとして雇うのも面倒と思うかもしれませんが、実際はそうとも限りません。外国人留学生は「日本式のサービスを学びたい」「日本滞在の資金を稼ぎたい」などといった明確な目的とガッツを持っていることが多く、よいアルバイトになる可能性が高いのです。外国人をアルバイトとして雇うときは、いくつか注意すべき点があります。まずチェックしなければならないのが在留許可があるか、資格外活動許可を持っているかという点です。留学生であれば留学という理由で在留許可をもっているはずですが、嘘をついている可能性もあるので必ず書面で確認しましょう。また、留学生の場合は資格外活動許可といってアルバイトをするための許可を別途得ている必要があります。こちらを持たずにアルバイトをさせると雇った側も罰則を受けるおそれがあるので必ず確認しましょう。また、日本語が堪能であればよいのですが、そうでない場合は指導体制や方法、マニュアルなどを整備する必要もあります。また、日本語が堪能でも背景とする文化は異なることを常に念頭に置き、はっきりとわかりやすく指示することを意識しなければなりません。日本のようにことばの外にあるニュアンスを汲み取るのは難しいので、指示すべきことはすべて口に出していうべきでしょう。