基本的は待遇は同じ

会社

言語と文化の壁に注意

高齢化とグローバル化が進むにつれ、労働力として外国人の存在が大きくなってきています。外国人は留学生のように一定期間のみ滞在する人が多いので、雇用形態としてはアルバイトが一般的です。日本はこれまで雇用が硬直的であったので、外国人アルバイトを採用することに抵抗がある人も多くいます。ですが、外国人アルバイトは熱意があり学習意欲が高いことも多く、実は有力な労働力となりえる存在です。ただ言語と文化に大きな違いがあるので、雇う際に注意すべきポイントも多くあります。外国人といっても、アルバイトとして雇ったときの基本的な待遇は日本人と同じです。外国籍だからといって不当に安く雇ったり、長時間労働をさせたり、保険に加入させなかったりするのは違法なので注意しなければなりません。ただ、在留資格をきちんと持っているかや、留学生ならばアルバイトができるよう届け出をしているか確認する必要があるのは日本人と違います。これらの資格や許可を持っていないと雇った側が罪に問われることもあります。また、留学生だと週に働ける時間が限られている点も注意が必要です。また、日本語が話せることを条件に雇用したとしても、どれくらい話せるかはかなり差があります。また日本文化への理解度も当然異なるので、その都度教育していかねばなりません。今後外国人労働力の必要性は高くなるといわれているので、この機会にマニュアルを見直したり新たに作ったりするのもおすすめです。