従業員の満足度を図る

PC操作

顧客満足度との関連

最近、従業員満足度調査を実施する会社が増えています。一時期、特に力を入れていた顧客満足度調査と並行して行う企業も多いとされています。この流れの中で、従業員満足度の高さは、顧客満足度と比例することも分かってきました。社員のモチベーションが高い企業では、顧客満足度が高くなるという結果が判明したのです。より良い製品やサービスを提供するためには、従業員満足度を上昇させることが鍵となるのです。それでは、従業員満足度を推し量る調査は、どのような方法が良いのでしょうか。社内聞き取り調査では限界があります。会社の上層部からの調査となると、殆どの人は会社への遠慮のため事実を語ろうとしません。従業員満足度について正当に数値化するためには、コンサルティング会社に依頼することが必須です。コンサルティング会社に調査を依頼すれば、匿名性の高い調査でありながら、回答者を特定することができます。調査アンケートの回答を紙ベースではなく、メール返信の形で行うのがミソです。アンケート質問書は社内一斉送信の形ですが、回答書には一人一人に個別番号が付けられています。このような工夫をすることで、社員の本音を聞き出すことができるのです。そして、従業員満足度調査の結果がはっきりした後は、それをどのように社内改善に結び付けるかが重要です。コンサルティング会社では、社員の意識改善の道筋についても分析を行っています。これまで、重要視されていなかった従業員満足度が、いかに大切かが見えてきます。