女性

やる気のある会社を作る

従業員は、企業の宝であり、経営者はその力を最大限引き出すことが求められます。そのためには、従業員満足度を把握し、改善策を打ち出すことで、思わぬ力を発揮させることができるのです。従業員満足度を行う時には、各業者のホームページから、どのような調査を行っているか、知ることができます。

詳しく見る

男女

雇用時の注意点

日本に来る外国人の数は年々増加傾向にあり、アルバイトなどの労働力としても期待されています。アルバイトとして雇うときは在留許可や留学生の資格外活動許可などの資格があるかを確認すること、言語や文化の壁について指導方法を工夫することなどが重要となります。

詳しく見る

PC操作

従業員の満足度を図る

最近、従業員満足度調査を行う会社が増えています。実は、従業員満足度が高い企業では、それと並行して顧客満足度も高いのです。正当な従業員満足度調査を行うのには、コンサルティング会社に依頼することです。コンサルティング会社に依頼することで、社員の本音が引き出せます。

詳しく見る

会社

基本的は待遇は同じ

外国人アルバイトの必要性は高まってきています。資格や許可を得ているか確認は必要ですが、待遇は日本人と同じなので不当に安く雇ったり長時間労働させたりしないよう注意しなければなりません。言語や文化の理解度は個人差が大きいのでその点も注意が必要です。

詳しく見る

アンケート

社員の満足度を上げる

今、従業員満足度調査に力を入れる企業が増えています。従業員満足度調査の目的は、売り上げを伸ばすためです。社員の満足度と会社の業績とは密接な関係があるのです。また、調査結果から従業員満足度を上昇させることで、人材の流出を防ぐ手立てにもなるのです。

詳しく見る

外国の人を雇うには

PC操作

在留資格の種類

人手不足の企業が多いせいか、コンビニや居酒屋などで外国人のアルバイトを見かける機会が多くなってきました。政府が、移民を受け入れるようなニュースも報道されています。外国人をアルバイトとして雇う場合は、在留資格(ビザ)の種類を確認してください。ショッピングや観光目的で日本に来ている外国人は、短期滞在者ですからアルバイトはできません。アルバイトができるのは、就業ビザを持っている外国人になります。永住者資格を持っている場合は、制限なくアルバイトができます。長期間日本に住んでいる外国人に対しては、定住者として就労の許可がおりるようです。日本人と結婚している人などは、比較的簡単にアルバイトが許可されます。ただし、許可されるのは夫が日本人の場合であり、外国人の夫が働いているとしても、その妻には資格がないため、夫と同じに働くことはできないということです。なお、例外的なケースとして、ワーキングホリデーやインターンシップの場合については、特定の活動に対してだけ収入を得ることができます。最後に、アルバイトが認められない在留資格の種類ですが、短期滞在者以外に留学や研修などで日本に来ている人や文化活動などを行っている外国人です。たとえば、演劇で収入を得たり、演奏で収入を得ているミュージシャンなどがアルバイトをする場合には、注意が必要です。まぎらわしいケースがありますから、入国管理局のホームページにある在留資格の一覧に目を通しておきましょう。